神戸の家具屋おすすめセレクション » 家具の基礎知識 » 家具による傷つけなどの予防・対策

家具による傷つけなどの予防・対策

テーブルや椅子を移動させた際に、うっかりフローリングに傷をつけてしまった経験はありませんか?事前に予防法や対策を知っておくと、家の中をなるべく傷つけないようにする工夫ができます。

ここでは基本的な対策や注意点をご紹介。家を傷つけず家具を長く使うためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フローリングの素材を確認

家具を置く予定の部屋のフローリング素材を確認しましょう。ビニール製のクッション性があるクッションフロアなのか、木材を使用した硬いフローリングなのか、材質によって傷予防の対策も変わってきます。

フローリングのコーティングを使用する

家具を置く前にできることの1つとして、フローリングのコーティング剤を使用することもオススメです。費用はかかりますが、ワックスよりも硬度が出て耐用年数も長いため、新築の場合などは検討すると良いでしょう。

緩衝材や傷予防グッズを使用する

もっとも一般的な方法が、家具の下に貼り付けたり、敷いたりする緩衝材の使用です。緩衝材の素材は様々で、フェルト、コルク、ゴムなどがあり、裏面がシールタイプになっていて簡単に貼り付けられるものが売られています。
使用する家具の重量を考慮して厚みのある緩衝材を選ぶことがポイントです。

また、良く動かす椅子などの家具には、サイズを切って調節できる緩衝材を使用し、クッション性と滑りを良くすることで傷を予防できます。

緩衝材は使用しているうちに擦り切れや、重みでつぶれることもあります。定期的な交換が必要になることも覚えておきましょう。

動かさない家具にも緩衝材が必要

あまり動かさないが重量があるテレビ台のような家具にも緩衝材は必要です。なぜなら、重みによって床が変形することや、少し動いただけで大きな傷がついてしまうこともあるからです。

あまり動かさないが重みのある家具には、マットタイプの緩衝材を敷くことがオススメです。サイズが調節できるもので厚みがしっかりとしたものを選ぶと良いでしょう。

テーブルマットや椅子マットを使用する

よく椅子を動かすエリアやデスク周りなどの場合は、テーブルマットを使用することもオススメです。緩衝材の役割をしてくれるとともに、キャスタータイプの椅子などの場合も床の傷を防ぐことができます。

家具の移動や掃除機を使う際には注意する

模様替えや引っ越しなど、家具の移動時は注意が必要です。重量のある家具は特に少し動かすにもしっかりと持ち上げましょう。

また、掃除機のキャスターや、椅子のキャスターなど、キャスター移動も傷をつける原因の一つであることを覚えておきましょう。